主婦から行政書士を目指す — 主婦でも合格できた! 行政書士試験突破のコツ
実は難易度は高くない…? 行政書士合格方法!
Home
 

主婦から行政書士を目指す

私の主人は司法書士として、事務所を運営しています。
私は主人と結婚してからも子供が生まれるまでは、とある企業の事務職として働いていました。
働くことは嫌いではないので、子育てが落ち着いたら仕事をしたいと考え、主人の事務所を手伝おうと思い立ちました。
事務職よりは自分も資格を取ったほうが、稼ぎが増えると考え、一度は司法書士の資格取得も考えたのです。

ですが、主人から同じ資格より行政書士を取ってほしいと言われ、現在幼稚園生の子供が小学校に入学するまでには合格しようと心に決めました。
勉強時間は家族を送り出し、掃除や洗濯を終えた午前中11時頃から2時間から3時間程度です。

途中、お昼を食べながらも勉強をしていました。
子供は14時頃にはお迎えに行かなくてはならないので、食べる時間も無駄にはできません。
子供が一緒の時間は自分のことはできないので、子供を寝かしつけるまでの時間や土日祝日はほぼ勉強はしていません。
平日、子供を寝かしつけて、主人がお風呂に入っている間や、飲み会や仕事で遅くなる日などに夜1時間くらいできればいいほうでした。

結局、1回目の試験では合格できず、2回目のチャレンジとなってしまったのです。
1回目の反省点を踏まえ、アウトプットが足りなかったと思い立ちました。
そこで、2年目はこれまでの復習としてインプットの時間を1時間から1時間半、過去問を解く時間を1時間から2時間、平日は必ず取ることにしたのです。
そのおかげか、2度目のチャレンジで無事合格を果たすことができホッとしています。

Off 

2014年5月13日 This post was written by Categories: 主婦から行政書士を目指す Tagged with:
Comments are off for this post


Top