主婦でも合格できた! 行政書士試験突破のコツ
実は難易度は高くない…? 行政書士合格方法!
Home
 

主婦でも行政書士試験に合格できました

主婦の私でも行政書士試験に無事に合格できました。

その秘訣は、ズバリ過去問を中心とした勉強方法です。

資格を取得した動機は、再就職をしたかったので、何か資格でも取りたいと思ったからです。
独身時代は企業の法務部にいたので、法律に触れた仕事の経験がありました。
行政書士なら、独立開業することも出来るので、自分の力量次第で頑張ることができます。

とはいっても、やはり主婦ですので、家にいる間はすべて勉強時間に回せるわけではありません。
予備校などに通って勉強すれば効率的に合格することができるかもしれませんが、そんな費用も時間もありません。
そこで、受験の王道の言葉でもある「過去問を制する者は受験を制す」の言葉通り、過去問だけを集中して解くことに決めたのです。

>>独学勉強法はこちら

掃除や料理、子供の世話などにどうしても日々追われてしまうので、一日の勉強時間は子供が寝た後の3、4時間が限界でした。
勉強時間が限られているため、いきなり過去問から取り掛かることにしたのです。
私の勉強方法は、まず過去問を解き、解らないところはすぐに解説を見て覚えるだけです。
解説を読んでもわからないところは、基本書を読み、とにかく毎日過去問だけを解き続けました。

もちろん過去問だけでの勉強では不足があるので、本番の一月前から行われる受験予備校の模擬試験は参加しました。
もちろん模擬試験にはお金がかかりますが、これはお金を支払う価値があります。
なぜなら、模擬試験で実際に問われた問題が、本番の試験に似たような問題が出るからです。
また模擬試験を受けると受験者に対して、その年の法令が新しく変わった点についての解説がもらえるので、普段は家で独学される方も、一度は受けることをおすすめします。

>>開業情報はこちら


次のページ⇒行政書士試験って難しいの?


>>行政書士について総合案内所


Top